守谷市 おおかわ動物病院 | 代表的な症例

症例

Case report
おおかわ動物病院で過去に診療したいくつかの症例をご紹介します。

検査の方法や治療のすすめ方は、重症度の見立てや飼い主の方のご希望によって異なります。

診察前の参考としてご覧いただき、実際に症状がみられる場合は直ちに獣医にご相談ください。
  • お尻の内側の筋肉が薄くなって腸を固定できず排便障害が起きたり、 筋肉の隙間を通ってお尻の皮一枚下まで腸や膀胱が潜り込んできます。
  • 肘関節骨折の手術後の写真です。 従来より骨表面の血流を確保し固定力の高い器具が回復を早めます。
  • 小型犬の主に片側の股関節に痛みが出る病気です。 関節の痛みは内科的管理を主体に出来ることも多いですが、 お薬では治らず進行していくので、大腿骨の根本(骨頭部分)の切除手術が必要です。
  • 膀胱に結石といわれる石が出来てしまった状態です。 結石の種類や大きさによって手術が必要です。 尿の通り道に詰まる(尿路閉塞)と緊急事態になります。
  • 犬で中高齢以上になると主には甲状腺が委縮してホルモン分泌が下がり、 代謝が下がることで起きる病気です。