守谷市 おおかわ動物病院 | 診療科目

診療科目

Medical treatment subjects
General practice

一般診療

便宜上、大きくは内科・外科、科目として消化器科・内分泌科・皮膚科・神経科などに分けていますが、実際の動物は複数の原因や、隠れて複数の病状が同時に進行している場合があります。
かかりつけ医としては総合医判断が重要だと考えています。

当院の特徴として俯瞰を重要視し、個別要素も含め判断していくことを心がけています。
もちろん必要な時は専門医の助けを借りての治療も提案します。

消化器病
胃腸炎による下痢・血便・嘔吐。免疫介在疾患・膵炎・膵臓外分泌不全など
皮膚病
皮膚炎での脱毛、痒み。感染、アレルギー、免疫、内分泌、腫瘍など
心臓病
運動時の咳、疲れやすさなど。弁膜症、心臓肥大、不整脈、血栓などによる
呼吸器病
鼻炎、咳、呼吸困難など。鼻気道・咽頭変化、気管虚弱、気管低形成、肺炎、肺水腫などによる
泌尿器病
尿の回数や量の異常、血尿など。腎不全、結石症など
肝臓・胆のう病
胆嚢粘液嚢腫、胆泥症、小肝症、胆肝炎、門脈シャントなど
血液病
貧血、血小板減少症など
眼科
角膜損傷、強膜・結膜・瞬膜炎、緑内障、白内障など
内分泌病
糖尿病、甲状腺・副腎機能異常など
整形疾病
骨折や歩行異常。関節炎、靭帯・骨の損傷など。ポイントを押さえた運動制限も重要になります
歯科
歯周病、乳歯遺残など
腫瘍
しこりやリンパの腫れ、無症状も多い。症状は多様で治療方針は選択肢も多い。長短考え相談のうえで
感染症
咬傷での化膿や発熱など。細菌・真菌・ウイルス・原虫・寄生虫など
生殖器病
子宮蓄膿症、子宮筋症、精巣腫瘍、前立腺肥大、前立腺膿瘍など
神経病
発作、起立異常、回転運動、斜頸・眼振など。てんかん、前庭障害、脳炎、椎間板ヘルニアなど
Surgical practice

外科診療

外科診療は、飼い主の方にとっても不安を感じる分野だと思います。

おおかわ動物病院は、飼い主の方のお考えや決断を尊重し、常に全力を尽くすことをお約束します。手術の適応や術式、術前検査内容、即応性など病院によってスタイルは様々ですので、飼い主の方のご要望や必要性を考慮して2次施設紹介や専門医対応を行います。

外科診療イメージ
  • 椎間板ヘルニア(事前にMRI検査での鑑別と確認が必要)
  • 結腸亜全摘(猫の巨大結腸などに適応)
  • 胃腸内異物摘出
  • 胆のう摘出
  • 肝臓生検
  • 会陰ヘルニア整復(癒着リスク・再発リスクを下げる術式)
  • 会陰尿道造瘻(包皮を筒状に温存する痛みの少ない包皮転移術)
  • 子宮蓄膿症
  • 子宮筋症
  • 乳腺部腫瘍、繊維肉腫など体表腫瘍
  • 膀胱内結石摘出
  • 膀胱内腫瘤切除
  • 尿道内結石摘出
  • 橈骨・尺骨骨折整復
  • 脛骨・腓骨骨折整復
  • 大腿骨頭切除
  • 前十字靭帯断裂整復
Other

予防接種・定期検診・
避妊去勢手術

  • 定期検診

    おおかわ動物病院では定期的な検診をお勧めすることがあります。

    健康な時の状況を確認しておくことは価値がありますし、早期発見にもつながります。

    定期検診を行うことにより、緊急性はなさそうでも病気の疑いがみられる場合、周辺状況を含めて確認することにも意義が出ます。

  • 予防接種

    なるべく安全に、動物たちが感じるストレスを、最小限に抑えるよう心掛けています。

    以前に副作用があったかもと思う方はお伝えください。

    今まで接種後副作用経験のないコでも、急に副作用が出ることがあります。
    接種後しばらくの間は注意深く観察してあげて下さい。

  • 避妊去勢手術

    避妊・去勢手術は完全予約制です。

    長短がありますがお勧めします。

    犬猫・雄雌・個体差で施術をおすすめする時期が異なりますので、診察時にご相談ください。

    直前の下痢など体調不良の際には手術を延期しますので遠慮なくご連絡ください。

    術野に触れるものは完全滅菌した道具のみを使用し衛生的に手術を行います。また術後は呼吸不全などが起きないように、万が一の事態にもすぐ対応できるように十分注意を払います。